TTL
Home > Information top > このページ

INFORMATION 会告

本学会、委員会主催の催し物のご案内・告知などを掲載しております。
ご不明な点は、日本建築仕上学会・事務局までお問い合せ下さい。

会 告 | 建築仕上材料・デザイン競技2016審査員会

建築仕上材料技術・デザイン競技2016審査結果について

「建築仕上材料技術・デザイン競技2016」にご応募頂き、誠にありがとうございました。
 10 月13 日・14 日に東京大学(本郷)山上会館で開催された日本建築仕上学会大会学術講演会にて、応募者のパネル展示を行い、大会参加者の投票結果を加味し、審査委員会にて選考を行った結果、入賞作品が決定いたしましたので、下記のとおりご報
告申し上げます。

 審査結果

−優秀賞− 作品No.3
 作品タイトル:未来の生活に活かす剛柔レンガ
 代表者(所属):田澤きらら(工学院大学)

−佳作− 作品No. 1
 作品タイトル:街で涼む
 代表者(所属):佐久間 亮(日本大学大学院)

−佳作− 作品No. 2
 作品タイトル:石と緑と光の公園
 代表者(所属):天田裕之(リノ・ハピア株式会社)
 制作参加者:ジェンセン・クルザット、クシ・レナード、平野圭子 

※本年度は、最優秀賞 該当者なし  以上

 2. 募集要件
  • 資格:不問(大学生,大学院生,社会人など,いずれでも応募可能)
  • 提出時期:9月26日(月)必着
  • 提出要件:A1用紙1枚(発送用紙管や図面ケースなど折れのないよう梱包)
           +記入済応募用紙を同封して提出すること.提出は発送用紙管などとし, 新しい建築空間を実現する建築仕上材料の技術やアイデア, 出来上がりの空間デザインを含む内容をわかりやすくプレゼンすること.
    提出はA1用紙1枚でよいが,入選者には後日PDFにてデータの提出を依頼する.
  • 提出先:〒108-0014 東京都港区芝5-26-20 建築会館6階
           日本建築仕上学会「建築仕上材料技術・デザイン競技係」
  • 建築設計や空間の演出のみを考慮した架空的な内容ではなく,新しく可能性のある材料や技術提案に基づいて,どのような建築空間ができるかを評価する.
  • 実現性の検証のために,実際にサンプルを作成したり,性能評価試験結果などを紙面に記載したものは,それをより高く評価する (サンプル作成環境がない者は問合せ先より紹介できる可能性がある)
  • エントリー登録;8月31日(月)締切.エントリー受付はインターネットメールでのみ行う。
  • 記載事項;代表者氏名、所属、連絡先住所、e-mailアドレス、電話番号(日中連絡がつくもの)
  • 宛先;日本建築仕上学会事務局 建築仕上材料技術・デザイン競技係 shiage@finex.jp
  • 登録は、受領返信メールで完了します。受領返信メールが届かない場合は、事務局までお問い合わせください。
 3. 選考方法・結果発表について
  • 10月13日,14日に東京大学(本郷)山上会館で開催される日本建築仕上学会大会学術講演会にて,提出者のパネル展示を行い,大会参加者の投票結果を加味して審査委員会が選考を行う.
  • 賞金(商品券) 最優秀賞 8万円×1名,優秀賞2万円×2名,佳作 図書券5,000円×最大7名とする.また,全受賞者には日本建築仕上学会会員(1年間)および賞状が与えられ,日本建築仕上学会雑誌「FINEX」に受賞者コメント,審査委員寸評とともに掲載される.
  • アイデアに関する権利や管理は本人に帰属する.本会主催者側は一切関与しない.また,すべての提出作品は返却しない.
 4. 審査委員
  • 審査委員長:本橋 健司(芝浦工業大学)

    • 日本建築仕上学会に属する施工・材料に関する諸団体からの審査委員(複数)
    • 橘高 義典(首都大学東京 教授)
    • 小山 明男(明治大学 教授)
    • 田村 雅紀(工学院大学 准教授)
    • 永井 香織(日本大学 准教授)
    • 北垣 亮馬(東京大学 講師)
 →要項pdf →応募用紙DL

 建築仕上材料技術・デザイン競技2016「新しい煉瓦・石空間」講評
2016 年12 月  審査委員長 本橋健司
1.本競技について

 建築空間の表面にあり、建築物の耐久性や意匠性を大きく左右する建築仕上材料は、これまでも様々なニーズに応じて革新的な進歩をとげてきた。本競技は、今後の建築空間の発展と進化を見据え、より革新的で技術的にも意匠的にも興味深い建築仕上材料のデザイン・技術を提案する作品を広く募集し、建築仕上材料の新しい価値を切り開く可能性を評価する競技である。
 なお本競技は、次世代活性化の目的で日本建築仕上学会基金の支援を得て行われている。本競技は今年が第5回である。本年度も応募作品が少なかったので、「建築仕上材料技術・デザイン競技」は今回で終了予定である。

2.講評

 今回の応募作品数は6 作品であった。応募者は建築学科の学生およびベテランであった。作品は、@煉瓦や石の冷たいイメージ、硬いイメージを変えようとするもの、A煉瓦や石による水分の蒸散作用等を利用するもの、B石の臭気吸着作用を炉要するもの、Cガラスとの石を一体化させた材料を利用するもの等が提案された。
 しかし、現状の分析、アイデア、デザイン、技術(特に、取付け、納まり、メンテナンスの技術)まで包括的に検討し、実現させたいと感じさせる最優秀賞は残念ながら認められなかった。
 優秀賞の「未来の生活に生かす剛柔レンガ」(田澤きらら)は、2 種類のレンガを破砕し、アクリル変成シリコーン樹脂と混合することにより、配合条件の異なるレンガ(剛柔レンガ)を作成し、その密度、強度、柔軟さ等を評価している。これらの特性を踏まえた上で、内壁、ガーデニング、階段等への利用を提案している。剛柔レンガの物性評価は基礎的なものではあるが、実際に、アイデアに基づく材料を作成し、物性評価を行った上での技術提案という点は技術・デザインコンペとして高く評価されるべきと考える。このような理由からか、審査員の得票数が最も高かった。
 佳作の「町で涼む」(佐久間 亮)は単に石の水分蒸散作用を応用するというアイデアはだけでなく、壁面緑化、雨水の浄化等も目的としている。材料として、ゼオライト、麦飯石、抗火石を特定し、その特性を生かした提案を行っている。この提案がどの程度の実現性、合理性を有するかは不明であるが、いろいろ考えたアイデアであるということは理解できる。
 もう一つの佳作「石と緑と光の公園」(代表者:天田裕之)は、硬い、冷たいというイメージのある石材をボラード、東屋、歩道、噴水、案内板、ベンチ等に利用して、それらの石材を変化させることを意図している。設計では蓄光タイプの石材、透明性のある石材、光透過性のある石材等が使用されているが、これらの石材に関する技術的内容が全く説明されていない点が不満である。
ただし、意匠デザインは魅力的であり、一般投票者の得票数は最多であった。

以上


 受賞者コメント
◇優秀賞 

作品No.3
作品タイトル:未来の生活に活かす剛柔レンガ <→作品を見る

田澤きらら氏 コメント
 この度は、建築仕上材料・デザイン競技2016にて優秀賞を戴き、誠にありがとうございます。煉瓦は美匠に優れており、煉瓦=硬いという概念を払拭し、柔らかい煉瓦を作る事によって暖かみのある家具、又安全性のある壁面や床が作製できるのではないかと思いました。研究に当り、ご教授戴きました鈴木敏彦教授、田村雅紀 教授、阿部道彦教授、本当にありがとうございました。


  FINEX 2017.01-02